FC2ブログ

経営コンサルタントなら熊本の株式会社白石経営コンサルタント事務所 | コンサルティング・組織・人材・人事・研修・育成・セミナー

夢を実現するための本気のブログ

ブログメニュー
BLOG
無料メールマガジン
各種フォーム無料ダウンロード
研修紹介無料DVD・無料小冊子プレゼント



トップページ > 夢挑戦応援団長の応援日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しさの笑顔

先日、福岡での研修の最終日に、北九州にあるお菓子メーカーさんを訪ねてきました。

しんこうさんのホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.petit-shinko.co.jp/



このメーカーさんが作っている代表的なお菓子は、

懐かしい味のどんど揚げ、小さいドーナツ、夏に凍らせて食べる棒型のアイスなどです。


事務所の一角にある会議室で、事前のブリーフィング

社長様の熱い想いをたっぷりと聴かせていただきました。





いゃ~あ、お菓子に対する情熱がビンビン伝わってきますね。



そのあとは、さっそく着替えて工場の中へ。。。ピチピチ





まずは、どんど揚げのライン

直径1メートルほどの釜のなかで、どんど揚げの元がフライにされます。。。







揚げたてを食べさせてもらったのですが、まだ塩味もなにもついていない段階で、めちゃくちゃ美味かったです!!



そのどんど揚げのもととなる材料がこれ・・・小さっ

こんなに小さな破片みたいなものが、油で揚げるとあんな美味しそうな形になっちゃうんですね。




味付けをして、検査、袋詰めの工程へ。。。そうそうこの味








次は、ドーナツのラインです。

ブレンドした小麦粉をこねてドーナツの種へ・・・粉へもこだわっています




全自動でにゅ~っと出てきてぶちっと切られた小さなドーナツの種がコンベアに並んでいます

もうこの辺りの映像は、シルシルミシルとおんなじです。




油灼熱地獄へダイビング








この段階が揚げたてなんですが、あったかくてホクホクの食感です。

このような商品は、揚げたてよりも2,3日置いた方がしっとりしたものになります。。。和菓子なんかもそうですね。

と言っても、できたてはやっぱ美味いですね!!




砂糖でまぶされて完成!!






美味い!!


いくつかの味をミックスして袋詰めすれば完成です。






最後は、プチケーキの製造ラインです。

製品の種類に合わせていろんな金型が用意されています。




その型に原料を流し込んでラインが動いていきます。

この日の最後の商品です・・・すでに焼き工程が終わっています。




コロコロと可愛いですね・・・その後は、個包装して厳重な検査、最後に袋詰め、箱詰めです










これまで何度も口にしていた商品ばっかりなんですが、実際に造っているところを見ると、

更に美味しさが増すような感じがしますね!!




工場のボードに貼られていた、品質管理の資料




スポンサーサイト

芋けんぴ屋さんを訪ねて その後

昨日の続きです。

メーカー様を訪ねた後は、宮崎の市場調査もかねてスーパーを見に行きました。



全部で4店舗見たのですが、肉類が総じて安いなぁて感じでした。

熊本と大きく違う点は、鶏肉の豊富さと牛肉の安さ。

地鶏と宮崎牛ですね!!










そしてお昼はこれ・・・チキン南蛮

宮崎に昔からあるファミレスの名物メニューです。




そして、お土産にはこれ。。。なんじゃこら!!  はははっ







家に着いて家族に渡したら・・・なんじゃこりゃて言ってました



そんなこんなで、夕方4時に宮崎を後にしました。





途中の霧島PAから見た新燃岳

日家事日本大震災で影が薄くなりましたが、その当時は宮崎の方たちは大変だったそうです

もう、噴火は収まっていますね





さて、最後は・・・一番下のを注文すると何が出てくるでしょう?














答えは・・・ただのカレーライスです

要するに、カツ抜きのカツカレーということらしいです。

宮崎ならではの表現です。。。


九州お菓子の旅

今日は熊本のお菓子の会社の方たちと、お菓子メーカーさんを訪問しに行ってきます。

朝6:45集合



朝早いけど、みんな元気ですね!



今日は、長崎コースと鹿児島コースの2コースあるんですが、

われわれ長崎コースはまずこれに乗って島原へ向かいます。



実物はこれ…中はラウンジみたいになっています。







朝の海もいいもんですね!







今日ご訪問するメーカー様は、長崎諫早にある杉谷本舗さんです。

カステラやおこし、どら焼きなんかを作られてます。



海辺に工場があります。







まずは応接みたいなところで、社長様と担当者様にご挨拶をして、話をうかがいました。

ここの社長様もお菓子に対してとても熱い方でした。







それでは早速準備をして工場の見学に行きたいと思います。






まずはカステラのラインから。。。原料のタマゴです。

養鶏農家と契約をして、黄身の色までこんな色のタマゴを作ってくださいとお願いしているそうです。




原料を混ぜ合わせる工程




それがこの機械に移されて木枠の型に流し込まれます。







その前に、木枠にはあれが敷き詰められます・・・ザ ラ メ






一度流し込まれた生地の上からまたザラメを振り掛けます。




だいたい15メートルほどの機械の中を生地が流れていって焼きや蒸らしの工程となります。




途中、泡切りという作業をやるのですが、これをすることで生地の中の温度や仕上げの滑らかさを出すのだそうです。




さぁ、焼き上がりです!!




木枠から外す作業は、職人技でしたね。











次は、カステラを切る工程です。









今日作ったカステラは、1日寝かせて明日切ります。

カステラが本当に美味しいのは、焼き立てよりも、3日寝かせてしっとり感が出たころだそうです。


これは、カステラの切れ端しです・・・端っこでも味はおんなじですからね。

でも、食べたい人が多く、今は待ちの状態だそうです。 すごい!






こっちは、今日は動いてませんでしたが、おこしを作る機械です。







原料となるお米は、一度炊いて乾燥させてものを、今度は炒るそうです。

乾燥させたものと比べたら、倍以上に膨らみますね。





こちらはどら焼き




こっちはこれから切るロールケーキ・・・作ったあと切りやすいように冷蔵します。




こちらはパンプキンチーズケーキ




ロールケーキを試食させてもらいました・・・やっぱり美味いですね!!






こちらは工場と併設されている店舗です












いやぁ~、勉強になりました。

社長さんの話の中での気付き

・商品の中には、変えていい部分と変えてはいけない部分がある

・変えていいのは、食べる人の好みに合わせた味や大きさ、形

・変えてはいけないのは、商品に対する想いや愛情

・当社は今年で創業200年。ご先祖様を大切にすることで、いろんな場面で力を貸してもらっています。

・本気で一緒に取り組める問屋さんや小売業さんとは、本気で商売したい

などなど、30分くらいの談話でしたが、たくさん勉強させていただきました。




帰りは、フェリーの時間をにらみながら、島原で名物の『具雑煮』を食べてきました。

具雑煮を発明したのは・・・天草四郎だそうです  おぉ~!!







フェリーからの景色・・・以前噴火した普賢岳です





これから帰社して、報告会&課題をやりたいと思います!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。