FC2ブログ

経営コンサルタントなら熊本の株式会社白石経営コンサルタント事務所 | コンサルティング・組織・人材・人事・研修・育成・セミナー

夢を実現するための本気のブログ

ブログメニュー
BLOG
無料メールマガジン
各種フォーム無料ダウンロード
研修紹介無料DVD・無料小冊子プレゼント



トップページ > 夢挑戦応援団長の応援日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクションプラン

目標を立てたら、その目標に向かって何かしらアクションを起こさないと達成できません。

そのアクションプランて、みなさんどうやって立てていますか?



闇雲に立てていては、実現の可能性が低くなってしまいます。

アクションプランを作る時は、3つの視点で考えるといいアクションプランが出来上がります。




その視点とは、

 ●今までやったことがない新しいことを始める(スタート)

 ●今までやっているやり方を変える(チェンジ)

 ●今までやっていたことをやめる(ストップ)


アクションプランというと、

【何かを新たに始める(スタート)】

のアクションプランを立てられる方が多いのではないでしょうか。 



しかし、行動を変化させるアクションプランは新たに何かを始めるだけではありません。

【やり方を変える(チェンジ)】

【やっていたことをやめる(ストップ)】

もあるんです。


新年度になり、心機一転して新たに何かに取り組もうと決めたものの、

計画倒れになってしまう原因の1つは、

新しいことばかりに取り組んでしまうことが考えられます。

新たに始めるって、けっこうパワーが要るんですよね。




『健康のために朝からジョギングをしよう!』

と目標を立てたはいいけど、2、3回やって終わりという人けっこういますよね。



これは、

『健康のために朝からジョギングをしよう!』(スタート)に加えて、

『朝早く起きるために、寝る時間を早くする』(チェンジ)

『寝酒はやめる』、『深酒はやめる』(ストップ)

などを補足のアクションプランとして実行してみたらいいんです。



また、アクションプランは1つではありません。

できるだけたくさん考えて、

その中から自分にあった最適のアクションプランを決めた方が行動を変えやすいと思います。




【スタート】【チェンジ】【ストップ】の3つの視点で自分に問いかけてみて下さい。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。