FC2ブログ

経営コンサルタントなら熊本の株式会社白石経営コンサルタント事務所 | コンサルティング・組織・人材・人事・研修・育成・セミナー

夢を実現するための本気のブログ

ブログメニュー
BLOG
無料メールマガジン
各種フォーム無料ダウンロード
研修紹介無料DVD・無料小冊子プレゼント



トップページ > 夢挑戦応援団長の応援日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒め方 その1

今日から、「3つの方法で、褒められたくても褒められない人を褒める」やり方をお伝えしていきます。

今日は、その1つめ

■成果が上がった時だけに褒める「成果承認」



「愛と所属の欲求」が満たされた後に発生するのは、「承認欲求」です。

それを満たすのは「評価のインセンティブ」、つまりメンバーを認め、褒めること。

これがモチベーションの源泉となるのです。

しかし、多くのリーダーはこう反論します。

「褒めたいのはヤマヤマだけれど、褒めるところがないんだよ」と。



本当にそうでしょうか?

そう反論する人は、たった1つの褒め方しか知らないのかもしれません。

それは、「成果承認」と呼ばれ、成果が上がった時にだけ褒め、それ以外は褒めない、というものです。

確かにこれでは、褒める機会は限られます。

それ以外の褒め方、「行為承認」と「存在承認」もしっかりと身につけてください。

そうすれば、もっともっとメンバーを褒める機会が増えてくるでしょう。



「存在承認」については、3つめで出てきますので、お楽しみに!!




フェイス総研 小倉広メルマガ  より




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。