FC2ブログ

経営コンサルタントなら熊本の株式会社白石経営コンサルタント事務所 | コンサルティング・組織・人材・人事・研修・育成・セミナー

夢を実現するための本気のブログ

ブログメニュー
BLOG
無料メールマガジン
各種フォーム無料ダウンロード
研修紹介無料DVD・無料小冊子プレゼント



トップページ > 夢挑戦応援団長の応援日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけ

『真理は現実のただ中にあり』 森信三著(致知出版社)

この中で、森先生は繰り返し「しつけ」の大切さに触れている。



しつけとは「世の中のしきたり」に従うことであり、一つひとつに理由や説明は不要である。

そのしつけを幼い頃からしていくことにより、我を削り取り、芯の強い人間を作ることができるようになるのだという。



しつけができていない人間は口は達者だが実行ができない。

口先だけの人間が多いという。

それは、幼い頃に社会のしきたりに従う癖をつける、というしつけができていないのが一番大きな原因である、というのだ。



フェイス総研 小倉広メルマガ  より




私はこれを読んでその通りだと思いました。

今年で50歳になりますが、いまだに私自身、しつけがきちんとできていない、と自覚しています。

だからこそ、口先だけではなく実行が伴う人間にならなければと強く思います。



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【しつけ】

『真理は現実のただ中にあり』森信三著(致知出版社)この中で、森先生は繰り返し「しつけ」の大切さにいる。しつけとは「世の中のしきたり」に従うことであり、一つひとつに理由や説明は不要である。そのしつけを幼い頃からしていくことにより、我を削り取り、芯の強い人...

まとめwoネタ速suru 2012-04-13 (Fri) 06:17


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。